【THE REAL】“博多のネイマール”金森健志が与えた衝撃…アビスパ福岡、地元生まれのホープ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【THE REAL】“博多のネイマール”金森健志が与えた衝撃…アビスパ福岡、地元生まれのホープ

オピニオン コラム

金森健志 参考画像(2016年3月28日)
  • 金森健志 参考画像(2016年3月28日)
  • 金森健志 参考画像(2016年3月28日)
  • 金森健志 参考画像(2014年9月17日)
  • 金森健志 参考画像(2014年1月14日)
  • アビスパ福岡の金森健志(右)とロアッソ熊本の巻誠一郎(2014年2月21日)
敵地・福岡に大挙して駆けつけた川崎フロンターレのサポーターが、そして生中継されたNHKのBS1で戦況を見つめていた全国のサッカーファンが驚いたはずだ。

「あの7番は、いったい誰なんだ?」

ファーストステージの優勝がかかった6月18日の大一番。キックオフ直後にまばゆい輝きを放ち、首位・川崎フロンターレの出鼻をくじいたのは、最下位にあえぐアビスパ福岡のホープ、FWの金森健志だった。

■誰にも止められない

4試合連続で勝ち星から見放され、さらに3試合連続でノーゴール。悪い条件ばかりが重なる状況で、今夏のリオデジャネイロ五輪に挑むU-23日本代表に招集されたこともある22歳は静かに牙を研いでいた。

「相手は首位のチームでしたけど、自分たちもやれるんだというところを見せつけたかった。フロンターレにボールを回されることも想定内でしたし、そのなかでチャンスがあれば絶対にものにしようと」

ゴールキーパーのイ・ボムヨンが、ゴールキックを蹴ってからわずか7秒後。電光石火の先制ゴールがアビスパにもたらされたのは開始9分だった。

6/25 アビスパ福岡 2-2 川崎フロンターレ先日の明治安田生命J1リーグ1stステージ第16節 川崎戦では沢山のご声援をありがとうございました。1stステージのホーム最終節。ホーム・レベスタで川崎フロンターレの優勝を決めさせるわ...

アビスパ福岡さんの投稿 2016年6月20日


186cmの長身FWウェリントンが、フロンターレでセンターバックを任されるエドゥアルドとの空中戦を完璧に制する。頭を経由して前方へ流されたボールに、ゴール前のスペースへ飛び出したMF邦本宜裕が反応する。

このとき、金森はもうひとりのセンターバック・谷口彰悟と右サイドバックのエウシーニョの間、距離にして2メートルほどのスペースにトップスピードで走り込んできていた。

「試合開始直後からウェリ(ウェリントン)がロングボールに競り勝っていたので、そのこぼれ球を狙っていました。クニ(邦本)が出場したときはしっかりとボールを収めて、攻撃のリズムを作ってくれるのですごくやりやすい。狙い通りの攻撃でした」

空中に浮いたままのボールを、邦本が右足で左側にずらす。あうんの呼吸で金森が胸でトラップ。ボールをさらに浮かせて谷口の頭上を越させ、勢いそのままにエウシーニョを置き去りにする。

金森を止められるフロンターレの選手は、もはや誰もいない。ボールの落ち際を右足で的確にヒット。韓国代表のゴールマウスを守るチョン・ソンリョンを棒立ちにさせる一撃が、ゴール右へと吸い込まれた。

目の前でゴールを決められたフロンターレのサポーターがぼう然としている。対照的に狂喜乱舞するアビスパのサポーター。しかし、衝撃は一度だけでは終わらなかった。

■8年ぶりの高卒ルーキーへの期待

わずか6分後の前半15分。邦本がドリブルで右サイドからゴール前へ迫る。金森と以心伝心のワン・ツーを成功させ、さらに危険なエリアへ侵入。背番号7もその背後をフォローする。

邦本のドリブルは元日本代表の谷口に阻止されたが、すかさずこぼれ球を金森が拾う。トラップ際に繰り出したフェイントでエウシーニョを難なくかわすと、迷うことなく左足を振り抜いた。

チョン・ソンリョンが必死に左腕を伸ばすも届かない。これまでの15試合で平均失点が0点台だったフロンターレの戦い方を、根底から狂わせる2ゴール。レベルファイブスタジアムがどよめきに包まれた。


U-23日本代表にもたびたび招集される金森健志

金森は福岡の筑陽学園中学から高校をへて、2013シーズンにアビスパへ加入した。中学時代はチームを全国大会の準優勝に導き、高校時代は九州プリンスリーグで19試合に出場して20ゴールをあげた。

地元に生まれた待望のスター候補。大卒選手や他チームである程度の結果を残した中堅選手を獲得してきたアビスパにとって、8年ぶりとなる高卒ルーキーだったことが金森へ寄せられる期待の大きさを物語る。

1年目からコンスタントにJ2の舞台で出場機会を得て、昨シーズンまでの3年間で21ゴールをあげた。最大のストロングポイントはどこにあるのか。金森本人に聞いてみた。

「ドリブルと、あとは左右両足でしっかりとゴールできるところですね。スピードにも自信があります」

自らの特徴を説明するのは、ちょっと照れくさかったのだろう。はにかんだときの笑顔と何よりもそのプレースタイルから、アビスパのサポーターからはこんなニックネームをつけられた。

「博多のネイマール」

【“博多のネイマール”金森健志が与えた衝撃 続く】
《藤江直人》

編集部おすすめの記事

page top