病院の子供たちのためにスーパーヒーローに扮した警察の特殊部隊…首相も登場! | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

病院の子供たちのためにスーパーヒーローに扮した警察の特殊部隊…首相も登場!

新着 製品/用品

病院の子供たちのためにスーパーヒーローに扮した警察の特殊部隊…首相も登場!
  • 病院の子供たちのためにスーパーヒーローに扮した警察の特殊部隊…首相も登場!
日本で5月5日が「こどもの日」として祝日が設けられているように、こどもの日は世界各国で祝日になっている。

起源は1920年に4月23日、トルコで世界で初めて「こどもの日」が定められたのがきっかけ。その後、1925年にジュネーブで開催された子どもの福祉世界会議で6月1日が「国際子供の日」に制定された。

国によって行事は異なりますが、イベントの開催や子どもにプレゼントを贈る習慣がある国もある。

東ヨーロッパに位置するアルバニアでも、6月1日が「国際子どもデー(子どもの日)」となっている。

そこで、ある事情で助けられない子ども達のために、アルバニアの警官隊と特殊部隊が一肌脱いだ。いつもは制服に身を纏い、違反者を取り締まる警察官や特殊部隊全員がスーパーヒーローの格好をして、ある場所へ一斉に向かった。



行き先はなんと、市内の子供病院。なぜスーパーヒーロー達が病院へやってきたのだろうか?





バットマンやスパイダーマン、アイアンマンに変身した特殊部隊たちは、病院の屋上や外の壁から病室で待つ子どもたちに会いに行った。



特殊な訓練を受けている隊員たちの体を張ったパフォーマンスは、外へ出れない病気と闘う子どもを笑顔にした。



重病でベットから起き上がれなかったり、病室から出れない子どもたちにはプレゼントを渡しに行った。



突然のヒーロー達の登場にも驚いたが、そこにはサプライズゲストが参加した。


(次のページ)そのゲストとは?病院の子どもたちを励ました更なるサプライズ!
記事提供:FUNDO

編集部おすすめの記事

page top