広島、新井貴浩の決勝打で西武を下す…ジョンソンが7回1失点 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

広島、新井貴浩の決勝打で西武を下す…ジョンソンが7回1失点

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
広島は6月15日、マツダスタジアムで西武と対戦。新井貴浩内野手の決勝打により、6-2で快勝した。先発のジョンソン投手が、強力西武打線を相手に7回1失点に抑える好投を見せた。

2-2の同点で迎えた7回裏、広島は2死一、二塁の好機を作ると主砲・新井が適時打を放って勝ち越しに成功。続く好機に松山竜平外野手が適時三塁打を放ち2点を追加した。さらに鈴木誠也外野手にも適時打が飛び出しリードを4点に広げた。

これに対してファンからは、「ジョンソンを打ちあぐねたな~」「鈴木も松山も本当に頼りになる選手に成長してきた。今日は投打がうまくかみあったね!」「ジョンソンが粘って2点で抑えてくれたのが反撃につながった」「新井ナイスバッティング!まだまだ新井さんの力が必要です!」など勝利を喜ぶの声が寄せられていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top