楽天、藤田一也がサヨナラ打…広島との延長戦を制す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

楽天、藤田一也がサヨナラ打…広島との延長戦を制す

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
楽天は6月12日、コボスタ宮城で広島と対戦。延長11回までもつれ込んだ熱戦だったが、藤田一也内野手のサヨナラ打により4-3で勝利した。

0-3と3点ビハインドで迎えた6回裏、楽天は走者一、三塁の場面で茂木栄五郎内野手が犠飛を放って1点を返す。続く2死一、二塁の好機に、岡島豪郎外野手と内田靖人内野手が連続適時打を放って同点に追いついた。

その後は両チームとも決め手を欠くも11回裏に2死一、二塁の好機を作ると、藤田が適時打を放って試合を決めた。

これに対してファンからは、「見事な逆転!この勝利は大きい!藤田ありがとう!」「6回の攻撃で同点までいったのが大きかった。リリーフ陣の踏ん張りもナイス!」「球場で観てました。ホームでのサヨナラ勝ちは最高!この勢いで次も勝ってくれ」など楽天のサヨナラ勝利に歓喜する声が寄せられていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top