プロ野球史上初のコリジョン決着…広島・赤松真人「喜ぶタイミングが難しかった」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

プロ野球史上初のコリジョン決着…広島・赤松真人「喜ぶタイミングが難しかった」

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
6月14日にマツダスタジアムで行われた広島対西武戦、広島が3-2でサヨナラ勝ちを収めた試合は、今季から導入されたコリジョンルールにより史上初の幕切れを迎えた。

【THE ATHLETE】本塁クロスプレーの新ルール、早くもプロ野球キャンプで混乱

試合は西武の先発・菊池雄星が圧巻のピッチングを披露。三回までに9つのアウトのうち、7つを三振で奪う。しかし、西武打線は初回からの得点機を拙攻で逸し続け、好投する菊池に援護点をプレゼントすることができない。

そうしているうちに四回、2死三塁から鈴木誠也に適時打を打たれ菊池が失点。チャンスを生かせない西武に対し、広島がワンチャンスをものにした。さらに広島は六回、ブラッド・エルドレッドが菊池の失投を1球でとらえ、ソロ本塁打で加点。

対する西武も直後の七回、エルネスト・メヒアの左翼席上段まで飛ぶ特大弾で1点差に追い上げる。さらに九回は2死走者なしから、森友哉が起死回生の同点弾。試合を振り出しに戻し菊池の負けを消した。

劇的な展開だったが、本当のドラマは九回裏に残されていた。広島は2死走者なしから菊池涼介が安打で出塁。西武は丸佳浩を歩かせ続く赤松真人で勝負に出た。その赤松が初球をとらえ中前打。二塁走者の菊池が三塁を蹴って一気に本塁へ突入する。

クロスプレーは一旦アウトと判定されたが、捕手の左足がラインをまたぎ、走者の走路を妨害していたとしてコリジョンルールが適用された。約10分間の中断後に判定が覆り、広島が珍しい勝利を収めている。

殊勲打の赤松はヒーローインタビューで、「コリジョン導入されてから初めてのパターンだと思うので、喜ぶタイミングが難しかったんですけど結果、セーフで良かったです」と笑顔を見せた。

史上初のコリジョン決着に野球ファンからは、「コリジョンは選手たちもこれでいいと思ってないはず。シーズン後にしっかり議論してほしい」「思いっきり線の上にいたから仕方ない。良いか悪いかじゃなくそれが今のルール」「理屈は分かるけどすっきりしない」「コリジョンルールの確認と徹底、審判団の研修は必要なんじゃないだろうか」「本来であれば走路を塞いでる時点で走塁妨害だし、プロならルールに合わせて新たな技術を模索するしかないのでは」「野球の醍醐味が薄れる」など、すっきりしないという感想が多い。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top