ウォリアーズ、NBAファイナル連覇かけ地元で第5戦 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ウォリアーズ、NBAファイナル連覇かけ地元で第5戦

NBA(米国プロバスケットボールリーグ)の今季王者を決める戦い、NBAファイナルは6月13日に第5戦が行われる。ここまでの対戦成績は、ゴールデンステート・ウォリアーズの3勝1敗、クリーブランド・キャバリアーズは崖っぷちに追い込まれた状態で敵地に乗り込む。

スポーツ 短信
ステフィン・カリー(左)とアンドレ・イグダーラ(2016年6月10日)
  • ステフィン・カリー(左)とアンドレ・イグダーラ(2016年6月10日)
  • クレイ・トンプソン 参考画像(2016年6月10日)
NBA(米国プロバスケットボールリーグ)の今季王者を決める戦い、NBAファイナルは6月13日に第5戦が行われる。ここまでの対戦成績は、ゴールデンステート・ウォリアーズの3勝1敗、クリーブランド・キャバリアーズは崖っぷちに追い込まれた状態で敵地に乗り込む。

第5戦の展望としては両チームともディフェンスがカギを握る戦いになるだろう。開幕前からウォリアーズはステフィン・カリー、クレイ・トンプソンのスプラッシュブラザーズが注目を集め、キャバリアーズもレブロン・ジェームズ、カイリー・アービング、ケビン・ラブのビッグ3に期待がかかった。

激しい打ち合いを予想する声も多かったが、ここまでの4戦はウォリアーズのアンドレ・イグダーラがディフェンス面で効いている。対するキャバリアーズもスプラッシュは抑えているが、その分ほかの選手へのマークが手薄になる瞬間があり、そこでドレイモンド・グリーンやショーン・リビングストンといった選手に決められ星を落とした。

第4戦では選手交代からマークの受け渡しがうまくいかなくなり、キャバリアーズはディフェンスが崩壊して本拠地で大差負けを喫している。まずは相手の攻撃を止め、ディフェンスから自分たちのリズムを作って攻撃していきたい。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top