阪神・青柳晃洋にプロの壁、制球に苦しみデビュー2連勝ならず | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

阪神・青柳晃洋にプロの壁、制球に苦しみデビュー2連勝ならず

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
阪神は6月8日にQVCマリンフィールドでロッテと対戦し3-8で敗れた。先発の青柳晃洋投手は4回2/3を投げ、6安打6失点、4四死球の乱調。試合後には反省の弁を口にした。

1日の楽天戦では5回1失点でプロ初勝利を挙げた青柳。この試合も勝って連勝といきたいところだったが、今回は制球に大きな課題を残した。QVCマリン名物の強風も影響したかボールがすっぽ抜け、得意のスライダーがコントロールできない。

「前回の登板で課題に挙げた制球に今日も苦しんでしまい、一番やってはいけない点の取られ方をしてしまいました」

楽天戦で5四死球を記録し、今回も4四死球。この数字をどれだけ減らせるかが次回のできを左右しそうだ。

青柳の投球に阪神ファンからは、「球数が多すぎる。3回で息切れしてるようでは厳しい」「ロッテ打線の攻撃が噛み合ってないから5回まで行けた感じ」「前回は楽天打線が調子悪いからしのげたのもあった」と厳しい意見が多い。

ロッテ先発の関谷亮太を攻略できず3連敗となったチームにも、「選手は、それぞれ頑張ってるんでしょうが、なんか歯車が合っていないような?」「打線がなかなかチャンスで1本が出ませんね。特にゴメス選手が心配です」「エラーか押し出しでしか点が取れない」と不満が出ている。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top