トッティが契約延長「ローマでキャリアを終えたいと思っていた」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

トッティが契約延長「ローマでキャリアを終えたいと思っていた」

スポーツ 選手

フランチェスコ・トッティ 参考画像(2016年5月14日)
  • フランチェスコ・トッティ 参考画像(2016年5月14日)
  • フランチェスコ・トッティ 参考画像(2016年5月20日)
  • フランチェスコ・トッティ 参考画像(2016年4月20日)
セリエAのローマが6月7日、元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティと1年間の契約を結んだと発表した。

シーズン途中に就任したルチアーノ・スパレッティ監督との確執が伝えられ、一時はローマを去ると見られていたトッティ。だが終盤に見せた神懸かった活躍や存在感の大きさに、ローマはレジェンドとの契約延長を決めた。

トッティの契約延長に代表チームでともにプレーした経験を持つジェンナーロ・ガットゥーゾ氏は、照れくさそうに笑いながら、「友人としては彼に『もう1年プレーすべきだ』と話をした。そして、あと少し稼ぐべきだとね」とコメントしている。

ローマとの契約延長にトッティは、「夢のようだ。俺は常にローマのシャツだけを着て、キャリアを終えたいと考えていたんだ」と話した。来季終了後からはローマのスポーツディレクターに就任することも発表されており、2016-17シーズンが現役最後の1年になりそうだ。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top