EURO開催が迫るパリ、警察はテロ警戒態勢 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

EURO開催が迫るパリ、警察はテロ警戒態勢

スポーツ 短信

2015年11月15日のパリ(c)Getty Images
  • 2015年11月15日のパリ(c)Getty Images
  • サッカー ゴール イメージ(c)Getty Images
フランスでは6月10日からサッカーの欧州選手権(EURO)が開幕する。世界最高峰の華麗な戦いに注目が集まる一方、ビッグイベントを前に警察関係者は警備に頭を悩ませている。

フランスといえば2015年11月13日に起きた、パリの同時多発テロ事件が思い起こされる。死者130名、負傷者300名以上を生んだ大規模なテロ事件は、フランス代表対ドイツ代表の試合が行われていたスタッド・ドゥ・フランスも標的のひとつになった。

世界中の目がフランスに集まる試合を前にパリ警察は、「難しい時期に直面している今、リスクがゼロだとは言えない。ファンゾーンやスタジアムのみならず、我が国のどこでも襲撃は起こり得る」との見通しを示した。

大会に向けては、「できる限りの準備はしている」と警備態勢の強化を主張している。

多くの選手、ファン、関係者が楽しみにしてきた大会。何ごともなく無事に終われることを期待してやまない。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top