巨人、日本ハムとの接戦を制し交流戦4連勝…菅野智之が5勝目 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

巨人、日本ハムとの接戦を制し交流戦4連勝…菅野智之が5勝目

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
巨人は6月3日、東京ドームで日本ハムと対戦。先発の菅野智之投手が7回1失点の好投を見せ、5-4と接戦を制した。

巨人は初回、2死三塁の場面で、この試合でも4番に入った長野久義外野手が適時打を放ち1点を先制。5回裏には、1死一、二塁の場面の好機を作り、坂本勇人内野手が3点本塁打を放つなど4点を奪いリードを広げた。投げては、菅野智之投手が7回を投げて9奪三振、1四死球と抜群の安定感を見せ、勝利に貢献した。

これに対して、「巨人、交流戦4連勝か。なんだかんだと勝つ術を知っているチーム。勢いが出てきた」「菅野が投げる試合は負けられない!今日も期待通り!正真正銘のエースと言えるようになってきた」「日ハム惜しかったな。中田の3戦連発に期待してたのにな~」など、ファンからは巨人の勢いに言及する声が散見された。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top