巨人、オリックスとの接戦を制す…阿部慎之助が決勝弾 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

巨人、オリックスとの接戦を制す…阿部慎之助が決勝弾

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
巨人は5月31日、京セラドーム大阪でオリックスと対戦。指名打者・阿部慎之助が今季第1号となる決勝弾を放ち、3-2で勝利した。

1-2と1点ビハインドで迎えた6回表、巨人は阿部が起死回生の2点本塁打を放って逆転に成功。終盤は山口鉄也投手、マシソン投手、澤村拓一投手の継投で無得点に抑え、接戦をものにした。オリックスは一時は勝ち越しに成功するも、6回以降は打線が沈黙した。

これに対してファンからは、「待ってました!遅すぎたけど阿部の一発!勝負どころで打ってくれたのはさすが!」「巨人も負けがこんできたから、交流戦で奮起してもらいたい」「西の投げる時に打線がもっと打ってあげてほしいなあ」など交流戦での巨人の巻き返しを期待する声が寄せられていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top