広島、接戦制し巨人と3.5差へ…安部友裕が決勝の犠飛 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

広島、接戦制し巨人と3.5差へ…安部友裕が決勝の犠飛

スポーツ 短信
野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
広島が5月26日、マツダスタジアムで巨人と対戦。安部友裕内野手の決勝犠飛により首位攻防戦を3-2で制した。

2-2で迎えた6回裏、広島は鈴木誠也外野手が今季第6号となるソロ本塁打を放って勝ち越しに成功。この1点を継投で守り切り、最後は守護神の中崎翔太投手が締めた。巨人は6回表にクルーズの犠飛で一度は試合を振り出しに戻すも、終盤に打線が沈黙した。この試合に勝利した広島は2位巨人とのゲーム差を3.5とした。

これに対してファンからは、「広島が強い!打線もいいし、投手が谷間でも勝ててる感じとかいいね!」「菊池や丸だけじゃない。田中や鈴木、安部の成長が打線に厚みをもたらしている」「巨人は重症だな。広島以外の5チームは5割前後。今年も混戦模様…」など広島の強さへの言及をはじめ、さまざまな声が寄せられていた。
《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top