ウォリアーズが2年連続NBAファイナル、1勝3敗から逆転突破 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ウォリアーズが2年連続NBAファイナル、1勝3敗から逆転突破

スポーツ 短信

ステフィン・カリー 参考画像(2016年5月30日)
  • ステフィン・カリー 参考画像(2016年5月30日)
  • ゴールデンステート・ウォリアーズ対オクラホマシティ・サンダー(2016年5月30日)
NBA(米国プロバスケットボールリーグ)は5月30日、西カンファレンス決勝第7戦を行い、ゴールデンステート・ウォリアーズがオクラホマシティ・サンダーに96-88で勝利した。対戦成績を4勝3敗としたウォリアーズが、2年連続のNBAファイナル出場を決めている。

1勝3敗から2連勝で星を五分に戻したウォリアーズ。本拠地オラクル・アリーナに戻って迎えた第7戦は、序盤からサンダーに主導権を握られる苦しい展開となった。

サンダーはスティーブン・アダムズがゴール下で強さを発揮、リバウンドを拾って波状攻撃の起点になる。二枚看板のケビン・デュラント、ラッセル・ウェストブルックが点を取り、第2クォーター途中には最大13点差をつけた。

この状況を打開するためウォリアーズはスピードのミスマッチを利用した。ステフィン・カリーがアダムズとのマッチアップを振り切り、連続で3ポイントシュートを決めていく。前半は活躍したアダムズだが、後半は一転してウォリアーズの狙い所になる。

カリーを止めるためサンダーはアダムズをベンチに下げ、デュラントにマッチアップさせた。だが勢いに乗ったカリーは止められず、アダムズを下げたことによってゴール下での優位は失われる。

第3クォーターに逆転したウォリアーズは、昨季ファイナルMVPのアンドレ・イグダーラが堅守を見せ、最後までサンダーに逆転を許さなかった。

試合時間残り1分18秒でフリースローをもらい、3本すべて成功させたカリーについてスティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)は、「これがステフィン・カリーなんだ。第7戦の重要な場面で素晴らしいパフォーマンスだ」と絶賛した。

NBA史上10例目となる1勝3敗からの逆転勝利。この勢いを持ってウォリアーズは2年連続のNBAファイナルに挑む。相手は昨季と同じクリーブランド・キャバリアーズ。雪辱か、返り討ちか。

ファイナル第1戦は6月2日(日本時間3日)に行われる。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top