香川真司のドルトムント、ポカール敗退…トゥヘル監督「PKの順番を間違えた」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

香川真司のドルトムント、ポカール敗退…トゥヘル監督「PKの順番を間違えた」

スポーツ 短信
ドルトムント、DFBポカール3年連続準優勝…PK戦で敗れる(2016年5月21日)
  • ドルトムント、DFBポカール3年連続準優勝…PK戦で敗れる(2016年5月21日)
  • 香川真司 参考画像(2016年5月21日)
ボルシア・ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督は5月21日、バイエルン・ミュンヘンに敗れたDFBポカール決勝のPK戦について、「シンジ以外は間違ったね」と話した。

因縁の対決となったバイエルンとの決勝、ドルトムントは失点を防ぐため5バックで試合に入った。その関係で香川真司はベンチスタートになったが、両チーム無得点のまま迎えた延長後半に登場。香川はそのままPK戦では第1キッカーを務め、ドイツ代表GKマヌエル・ノイアー相手にゴールど真ん中へ蹴り込む大胆なシュートを成功させた。

しかし、ドルトムントは続くスヴェン・ベンダー、ソクラティス・パパスタソプーロスが外す。その後ピエール=エメリク・オーバメヤン、マルコ・ロイスは決めたが、4人成功させたバイエルンに破れ3年連続の準優勝に終わった。

試合終了直後から、「ほかにもっと適任がいたのでは?」と疑問が噴出したキッカーの選定。トゥヘル監督は「完全に私のミスだ」と話す。

「ベンダーとパパスタソプーロスは、2番目や3番目に蹴るべきじゃなかった。だからこのミスは私の責任だ。こんなにも守備に負担がかかった試合で蹴るはずじゃなかった。レフェリーの笛が鳴ったあと、ふたりが『よし僕らがPKを蹴るよ』と言った。それで私は順番変更の機会を逸してしまった。だから私が悪い」

開幕からの好調でタイトル奪回に期待がかかったドルトムント。だが今季も無冠で終えることになった。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top