錦織圭、マドリード・オープン準々決勝進出…7度目の挑戦でガスケから初勝利 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

錦織圭、マドリード・オープン準々決勝進出…7度目の挑戦でガスケから初勝利

スポーツ 短信
錦織圭 参考画像(c) Getty Images
  • 錦織圭 参考画像(c) Getty Images
  • 錦織圭 参考画像(c) Getty Images
テニスのマドリード・オープンは5月5日、男子シングルス3回戦が行われた。世界ランク6位で第6シードの錦織圭は、同12位で第10シードのリシャール・ガスケと対戦し6-4、7-5で勝利。4年連続のベスト8進出を決めている。

過去ふたりの対戦成績は錦織の6戦全敗。1度も勝ったことがない苦手な相手との試合だった。しかし、錦織は立ち上がりの第1セット第1ゲーム、いきなりブレークに成功し序盤から主導権を握る。その後ブレークバックを許し追いつかれるが、第7ゲームで再びブレークしてセットを先取した。

第2セットもリードしたのは錦織。第3ゲームでブレークに成功すると、その後は自身のサービスゲームをキープし続けた。だがマッチポイントを迎えた第10ゲーム、自らのミスも重なってガスケにブレークバックされてしまう。一瞬嫌な流れにもなったが、直後の第11ゲームで錦織が再びブレーク。最後は粘るガスケを振り切った。

通算7度目の対決でガスケから初勝利を挙げた錦織。試合後にはツイッターを更新して、苦手意識を払拭する1勝を喜んだ。

錦織の準々決勝はニック・キリオスとの対戦が決まっている。過去の対戦成績は錦織の2戦2勝だが、キリオスは2回戦で同4位のスタン・ワウリンカを破り勢いに乗っている。

錦織対キリオスの準々決勝は、日本時間6日の21時30分以降開始予定。

《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top