ジンズ・ミーム、EUが支援する先制医療研究プロジェクトに採用 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ジンズ・ミーム、EUが支援する先制医療研究プロジェクトに採用

新着 ビジネス

ジンズ・ミーム、EUが支援する先制医療研究プロジェクトに採用
  • ジンズ・ミーム、EUが支援する先制医療研究プロジェクトに採用
  • ジンズ・ミーム、EUが支援する先制医療研究プロジェクトに採用
ジェイアイエヌは、欧州連合(EU)が支援する先制医療研究プロジェクト「My-AHA(My Active and Health Aging)」に参画すると発表した。

My-AHAプロジェクトは、加齢に伴う健康リスクの抑制を目的とした長期リサーチプロジェクトだ。プロジェクトの研究に活用するITソリューションとして、日本で唯一センシング・アイウエア「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」が採用された。

ジンズ・ミームは、高齢者の生活空間に溶け込みやすく、常時センシングが可能なメガネタイプのフォーマット、ココロとカラダの両面を捉えられるセンシングテクノロジーが高く評価され、採用が決定した。

プロジェクトでは、ウェアラブルやスマートフォンなど高齢者の生活空間にも調和するデバイスを複数活用し、不安・うつ状態、認知機能や睡眠サイクル、肥満、歩行時の姿勢や運動機能、栄養摂取状態など日常生活のデータを取得し、ITを活用した分析と提案を行う。早期に特定された健康リスクは、My-AHAプロジェクト主導の長期介入プログラムで改善を目指す。

この他にもジンズ・ミームは、先制医療分野でのキー・ソリューション構築を目指し、産学協同の研究体制を通じたエビデンス開発をはじめとした様々な取り組みをスタートしている。

先制医療分野での活用を実現するための第一歩として、ヘルスケア領域の実験プラットフォーム「Medical-LAB.」プロジェクトの立ち上げを予定。取り組み第1弾として「ストレスチェック」をテーマに、集中力の可視化がもたらすパフォーマンス・生産性の向上について研究していく。第2弾では、ランニング障害の早期予防発見を目指す。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top