日本ハム、劇的なサヨナラ勝利で乱打戦制す…最後は中田が決めた | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

日本ハム、劇的なサヨナラ勝利で乱打戦制す…最後は中田が決めた

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
日本ハムは4月27日、札幌ドームで楽天と対戦。両チームとも二桁安打を記録した乱打戦は、日本ハムが7-6で劇的なサヨナラ勝ちをおさめた。

日本ハムは初回、指名打者・大谷翔平が今季第3号となる3点本塁打を放って幸先よく先制。3-2と1点差に詰め寄られた3回裏には、中田翔内野手が適時3塁打を放ってリードを広げた。その後は互いに譲らない点の取り合いとなり、6-6で迎えた9回裏、中田がサヨナラとなる適時打を放って試合を決めた。

これを受けて、「今日の 試合は はらはらしましたけど 中田選手さんの サヨナラ ヒットのお陰て 勝利して 良かったです!」「勝ったのはいいけど、増井は論外」「こんなゲームは見たくない。余裕で勝ってくれよ!増井は重傷だな。配置転換したら?」「中田がタイムリー3本!一発も見たかった!」など、中田を称賛するファンの声が相次いでいた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top