次世代カメラレンズの素材はガラスから樹脂へ! | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

次世代カメラレンズの素材はガラスから樹脂へ!

新着 ビジネス

屈折率(nd)は1.65、耐熱性は約150度と、レンズ用樹脂として最高レベルの性能を実現。nd=1.67を超える超高屈折率グレードも2016年度中の上市を目指して現在開発中とのこと(画像はプレスリリースより)
  • 屈折率(nd)は1.65、耐熱性は約150度と、レンズ用樹脂として最高レベルの性能を実現。nd=1.67を超える超高屈折率グレードも2016年度中の上市を目指して現在開発中とのこと(画像はプレスリリースより)
 帝人は26日、カメラレンズ用としてポリカーボネート樹脂を開発したことを発表した。レンズ用途ということで、最高レベルの屈折率と耐熱性を兼ね備えているのが特徴だ。

 近年、さまざまな場所でカメラが利用されているが、軽量化や機器の小型化・薄型化を目的に、使用されるレンズがガラスから樹脂へとシフトしている。

 また、防犯カメラや車載カメラ、スマートフォンなどでは、屈折率の高いレンズや、機器の高性能化・常時稼働に伴う発熱対策として耐熱性へのニーズが高まっている。

 しかし、樹脂レンズは、ガラスレンズに比べて軽量な反面、熱に弱いという弱点があり、屈折率が高い既存のレンズ用樹脂の耐熱性は130度~145度程度に止まっていた。

 今回開発されたポリカーボネート樹脂は、ポリマーの分子設計を見直すことで、レンズ用樹脂としてトップクラスの屈折率(nd)1.65と、次世代レンズとして十分な約150度の耐熱性を実現。

 既にサンプル出荷を開始しており、早ければ今夏の採用に期待を寄せているという。

 同社では2020年度にはレンズ用樹脂全体で売上100億円を目指す。また更なる小型化・薄型化に合わせて、nd=1.67を超える超高屈折率・耐熱グレードの樹脂も2016年度中の市場投入を目指し開発を進めていく。
《防犯システム取材班/小菅篤@RBBTODAY》

編集部おすすめの記事

page top