ダンディーU・川島永嗣、熊本地震の被災地へ「自分にできる最大限のことを」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ダンディーU・川島永嗣、熊本地震の被災地へ「自分にできる最大限のことを」

スポーツ 選手

川島永嗣(ダンディー・ユナイテッド)のブログより
  • 川島永嗣(ダンディー・ユナイテッド)のブログより
  • 川島永嗣(ダンディー・ユナイテッド)のブログより
  • 川島永嗣 参考画像(2016年1月9日)
  • 川島永嗣 参考画像(2016年1月15日)
スコットランド・プレミアリーグのダンディー・ユナイテッドに所属する日本代表GK川島永嗣が4月23日、熊本県を中心とした「平成28年熊本地震」の被災地へ想いをブログに寄せている。

この日は「Kumamoto,Oita」とエントリー。「セントアンドリュースの空」とスコットランドの空の写真を載せる川島。日本からの情報、現地でのニュースで熊本地震を知り、「熊本、大分、避難生活を送ってる方々が多くいるようですね」と被災した人々を心配した。

「僕にできることは微力だと思いますが、とにかく今は自分にできる最大限のことを考えて行動していきたいと思います」と被災地を支援することを示している。

また、川島は所属チームのホームタウンであるダンディー出身の5人組音楽バンド「ザ・ミラー・トラップ」に会ったと写真を投稿した。

5人は今年8月に東京と大阪で行われる音楽フェスティバル「サマーソニック2016」への出演が発表された。5月18日には日本デビュー作となるアルバム『シュミレイションズ』が発売される注目のバンドだ。

「ぜひ日本を盛り上げてもらいたい!」と川島も期待のコメントをしている。
《桜川あさひ》

編集部おすすめの記事

page top