バイエルンが6連勝で王手、次節ホームで優勝か | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

バイエルンが6連勝で王手、次節ホームで優勝か

スポーツ 短信

アルトゥーロ・ビダル 参考画像(2016年4月23日)
  • アルトゥーロ・ビダル 参考画像(2016年4月23日)
  • アルトゥーロ・ビダル 参考画像(2016年4月23日)
バイエルン・ミュンヘンは4月23日、ドイツ・ブンデスリーガ第31節で原口元気のヘルタ・ベルリンと対戦し2-0で勝利した。原口は体調不良のため欠場した。

勝てばブンデスリーガ史上初の4連覇に王手がかかるバイエルン。対してヘルタも来季UEFAチャンピオンズリーグ出場権を確保するため勝ち点がほしい。試合は後半3分にアルトゥーロ・ビダルがエリア外からのゴールを決めバイエルンが先制した。

バイエルンは同34分にもダグラス・コスタが、遠い距離から強烈なシュートをサイドネットに突き刺し2-0とする。そのまま試合は終了。6連勝のバイエルンは次節のボルシア・メンヘングラードバッハ戦に勝てば、他チームの結果に関係なく優勝が決まる。

試合後の会見でジョゼップ・グアルディオラ監督は、「簡単な試合ではなかった。前半は難しかったが、アルトゥーロの先制点が自信を持たせ、自分たちのプレーをするのにとても重要だった。次週も良いプレーをして王座に就きたい」とコメントした。

次節のボルシアMG戦はホーム。もしホームで優勝を決めればチームにとっては1999-2000シーズン以来。マリオ・ゲッツェは「それは悪くないね」と笑顔を見せた。

だが27日に迫ったUEFAチャンピオンズリーグ準決勝、アトレティコ戦に話題が移ると、「僕たちは最初の1分から集中しなければならない。自分たちのトップレベルが必要になる」と気を引き締めていた。


《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top