巨人、今村信貴が6回途中無失点の好投…DeNAは打線が沈黙 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

巨人、今村信貴が6回途中無失点の好投…DeNAは打線が沈黙

巨人は4月24日、東京ドームでDeNAと対戦。先発の今村信貴投手が6回途中無失点の好投を見せ、3-0で快勝した。

スポーツ 短信
野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
巨人は4月24日、東京ドームでDeNAと対戦。先発の今村信貴投手が6回途中無失点の好投を見せ、3-0で快勝した。

2点リードして迎えた6回裏、巨人は坂本勇人内野手の犠飛などで2点を追加。投げては、先発の今村が粘りの投球を見せ、DeNA打線を無得点に抑えた。DeNAは4失策を喫するなど、守備陣の乱れも響いた。

これに対してファンからは、「DeNAは大丈夫かな。今年は昨年の前半みたいな勢いがまるでないね」「それにしても打てなすぎ…1点も取れないんじゃ話にならない」「今村がよく投げてくれた。1軍で勝つのは、久しぶりじゃないか」「立岡ナイス!坂本もナイス!今村の好投が一番の収穫だね。今後も勝ち星をのばしてくれ」などDeNAの拙攻や敗戦を嘆く声などが寄せられていた。
《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top