巨人が黒田を攻略、広島との接戦を制す…クルーズが値千金の決勝弾 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

巨人が黒田を攻略、広島との接戦を制す…クルーズが値千金の決勝弾

スポーツ 短信

野球 イメージ
  • 野球 イメージ
巨人は4月16日、東京ドームで広島と対戦。1点を争う攻防は、クルーズ内野手の決勝本塁打が飛び出して巨人が6-5で勝利した。

巨人は初回、広島の先発・黒田博樹投手をとらえ、クルーズが先制の適時打を放つと、亀井善行外野手にも適時打が飛び出して3点を先制。その後、互いに点の取り合いになり5-5で迎えた5回裏、クルーズがソロ本塁打を放って勝ち越しに成功した。広島はエースの黒田で必勝を期したが、序盤から巨人打線につかまるなど誤算だった。

これを受けて、「黒田で負けたらまずいぞ!チームの調子が良くなってきて、今日は黒田で勝って、さらに…ってところだったのにもったいない」「クルーズが試合を決めてくれた。なんだかんだと活躍してくれている!」「初回に3点はきついよな。その後、よく追いついたけど」など、ファンからはさまざまな声が寄せられていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top