DeNA、井納が完封で今季2勝目…巨人は打線が沈黙 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

DeNA、井納が完封で今季2勝目…巨人は打線が沈黙

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
DeNAは4月23日、東京ドームで巨人と対戦。DeNA先発の井納翔一投手が巨人打線をシャットアウト。完封で今季2勝目を挙げた。試合は3-0でDeNAが勝利した。

DeNAは0-0で迎えた7回表、2死満塁の好機に。倉本寿彦内野手が走者一掃の適時打を放って一挙に3点を奪う。投げては、井納が安定感抜群の投球で巨人打線を寄せ付けず、無得点に抑えた。

これに対して、「今日は井納のおかげ。久々の完封は気持ちいいね!」「ポレダが粘っていただけに残念!次出直そう」「こういう試合は一撃のタイムリーで決まる。今日の井納に3失点は致命的だったな」など、井納を称賛する声をはじめ、ファンからはさまざまな声が寄せられていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top