DeNA、打線爆発で連敗脱出…ロペスが満塁本塁打 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

DeNA、打線爆発で連敗脱出…ロペスが満塁本塁打

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
DeNAは4月20日、横浜スタジアムで広島と対戦。ロペス内野手に満塁本塁打が飛び出すなど打線が爆発し、10-0で勝利した。

DeNAは3-0とリードして迎えた7回裏、1死満塁の好機を作ると、ロペスが満塁本塁打を放ってリードを7点とする。続く8回には筒香嘉智外野手に今季第7号の2点本塁打が飛び出して試合を決めた。投げては先発のモスコーソ投手とリリーフ陣が広島打線をシャットアウトした。

これに対してファンからは、「やっと連敗脱出か。このままだとヤバいぞ!早急に立て直しをしてくれ!」「筒香は割とホームラン量産ペースだな。今年は打撃がさらに良くなっている気がする」「ロペスの満塁弾に筒香の一発。このふたりが打った試合で負けるわけがない」など連敗脱出に安堵する声が寄せられていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top