プレミア100ゴール達成のアグエロ、監督が称賛「偉業に値する選手」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

プレミア100ゴール達成のアグエロ、監督が称賛「偉業に値する選手」

スポーツ 短信

セルヒオ・アグエロが通算100ゴール(2016年4月19日)
  • セルヒオ・アグエロが通算100ゴール(2016年4月19日)
  • セルヒオ・アグエロ参考画像(2016年4月19日)
マンチェスター・シティは4月19日、イングランド・プレミアリーグ第27節でニューカッスルと対戦し1-1で引き分けた。セルヒオ・アグエロのゴールで先制したが、追いつかれ2点目を奪うことができなかった。

試合後の会見でシティのマヌエル・ペジェグリーニ監督は、「良い結果ではない。後半には2点目を奪えるチャンスがあった。勝利にふさわしい戦いではなかった。90分を通してドローが妥当だ」とゲームを振り返っている。

「残留を目指すチームとの戦いはもちろん難しいものになる。ハイペースな戦いをすることが非常に重要だ。今日はスペースを生み出すような創造的な選手が十分にいなかった」

この試合でアラン・シアラーに次ぐ、史上2番目の早さでリーグ通算100ゴールを達成したアグエロについては、「彼のためにうれしく思うよ。その偉業に値する選手だ。卓越したテクニックとパワーを持ち合わせている」と称賛した。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top