コービー・ブライアント引退…完全燃焼「これ以上できることは何もない」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

コービー・ブライアント引退…完全燃焼「これ以上できることは何もない」

スポーツ 選手

コービー・ブライアントが引退(2016年4月13日)
  • コービー・ブライアントが引退(2016年4月13日)
  • コービー・ブライアントが引退(2016年4月13日)
  • コービー・ブライアントが引退(2016年4月13日)
  • コービー・ブライアントが引退(2016年4月13日)
  • コービー・ブライアントが引退(2016年4月13日)
ロサンゼルス・レイカーズのコービー・ブライアントが4月13日、ユタ・ジャズとの今季最終戦で現役生活に別れを告げた。最後の試合でコービーは60得点をマーク、チームを逆転勝利に導いている。

若いころのエネルギーに充ち満ちた姿を取り戻したかのようなプレーに、満員の観客からは大歓声が沸き起こった。試合後の会見でコービーは、「こんなことになったなんて信じられない。本当に今でも驚いている」とラストプレーを振り返った。

「今夜はずっと元チームメイトやファンや家族がサポートしてくれた。とにかく信じられないようなことだ。今夜の試合を迎えるにあたって、悪いプレーはしたくないと思っていた。だから試合に集中しようとしたが立ち上がりはひどいものだった」

現役最後の試合で多くのゴールを決めてもらおうと、チームメイトはコービーへ優先的にパスを供給した。しかし、前半はシュートのタッチが合わず22得点にとどまる。チームもジャズにリードを許して折り返した。

だが徐々にフィーリングが合い始めた後半、コービーはゴールを量産する。その影にはチームメイトの励ましがあったという。

「少しナーバスになっていたが、試合が少し動き出すと落ち着くことができた。チームメイトがずっと勇気づけてくれて、とにかくショットを打てと言われた。今までと逆のようだったよ」

コービーは外れても、とにかく恐れずシュートを打ち続けること、チャレンジしていくことをチームの先頭に立って体現してきた。その自分が周りから「シュートを打て」と言われることに妙な感覚もあったと笑いながら話す。

現役引退という大きな決断を下したが後悔はないとも語るコービー。現役復帰の可能性は否定した。

「自分の決断について心から穏やかに感じられるのは、バスケットボールに魂を尽くしてきたからだ。これ以上できることは何もない。NBAの試合でもう一度プレーすることは決してない。『絶対などということは絶対にない』と言われるのは分かるが、絶対にない」
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top