アトレティコが逆転突破!バルセロナはCL連覇の夢を絶たれる | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アトレティコが逆転突破!バルセロナはCL連覇の夢を絶たれる

スポーツ 短信

アトレティコが逆転突破!バルセロナはCL連覇の夢を絶たれる(c)Getty Images
  • アトレティコが逆転突破!バルセロナはCL連覇の夢を絶たれる(c)Getty Images
  • サッカー ゴール イメージ(c)Getty Images
アトレティコ・マドリード(スペイン)は4月13日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグでバルセロナ(スペイン)と対戦し、ホームで2-0の勝利を収めた。2戦合計スコアでも3-2として準決勝に進出している。

ボール支配率では圧倒的な差をつけられながらも、堅い守りでシュートまで持って行かせなかったアトレティコ。待望のゴールは前半36分に決まった。敵陣右サイドでガビがボールを奪いサウル・ニゲスにパス、ニゲスが左足アウトサイドで上げたボールにアントワーヌ・グリーズマンが頭で合わせ先制する。

これで2戦合計スコアでも並んだアトレティコ。その後バルセロナの逆襲に耐える時間帯が続くも、後半43分に自陣でボールを奪ったところから素速く反撃に転じる。フィリペ・ルイスがグリーズマンに送ったパスを、バルセロナはアンドレス・イニエスタがエリア内で手を使って止めてしまう。このハンドで得たPKをグリーズマンが決めてアトレティコはリードを広げた。

それでも1点返せば延長に持ち込めたバルセロナ。終了間際にアトレティコのガビがエリア付近でハンドを犯してFKを得る。バルセロナ側はエリア内だったと主張しPKを要求したが主審は認めなかった。

このチャンスにキッカーはリオネル・メッシ。蹴り出されたボールは弧を描いてゴールに向かうが、わずかにバーの上を通過して外れる。この瞬間に勝利を確信したアトレティコサポーターから歓声が沸き起こった。

バルセロナの連覇を阻む逆転突破にサッカーファンからは、「やはりバルセロナを止めるのはアトレティコだった」「スタッツだけ見たらアトレティコが2-0で勝ったなんて信じられない。マドリードのチームはどっちも魔法だったな」「アトレティコ勝負強い」「これだからアトレティコは面白い」などの声が寄せられている。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top