スポーツ自転車に挑戦したい父親が5割以上…サイクルベースあさひが意識調査 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

スポーツ自転車に挑戦したい父親が5割以上…サイクルベースあさひが意識調査

ライフ 社会

スポーツ自転車に挑戦したい父親が5割以上…サイクルベースあさひが意識調査
  • スポーツ自転車に挑戦したい父親が5割以上…サイクルベースあさひが意識調査
  • スポーツ自転車に挑戦したい父親が5割以上…サイクルベースあさひが意識調査
  • スポーツ自転車に挑戦したい父親が5割以上…サイクルベースあさひが意識調査
  • スポーツ自転車に挑戦したい父親が5割以上…サイクルベースあさひが意識調査
  • スポーツ自転車に挑戦したい父親が5割以上…サイクルベースあさひが意識調査
  • スポーツ自転車に挑戦したい父親が5割以上…サイクルベースあさひが意識調査
  • スポーツ自転車に挑戦したい父親が5割以上…サイクルベースあさひが意識調査
  • スポーツ自転車に挑戦したい父親が5割以上…サイクルベースあさひが意識調査
自転車専門店のサイクルベースあさひは、自転車を愛するスポーティな父親="チャリメン"を応援する「あさひチャリメン推進プロジェクト」を開始。30歳~50歳の既婚男女600名とその子どもを対象に、「スポーツサイクル(スポーツ自転車)と父親に関する意識調査」を実施した。

同プロジェクトは父親に自転車の魅力やメリット知ってもらうことで、妻や子どもを巻き込みながらスポーティに自転車を楽しむチャリメンを普及していく。

夫に対する不満を妻に調査したところ、「休日に家でだらだらしている」(24.0%)が1位となった。子どもが休日に家でだらだらしている父親に対して思うことのトップ3は、「だらしない」(29.5%)、「かっこ悪い」(25.3%)、「不健康」(22.3%)。

次に、父親にやりたいと思っているけれど家族に言い出せない趣味があるか尋ねたところ、「ある」が34%となった。3人に1人は言い出せない趣味があることがわかった。家族に言えず始められない趣味は、「自転車」と「ゲーム」が17.6%で同率1位だった。

夫がやっていたら好感度があがる趣味のトップ3位は、「楽器」(30.0%)、「サッカー」(26.0%)、「自転車」(24.3%)となった。一方、やめて欲しい趣味は1位は「ギャンブル」(75.7%)、2位「ゲーム」(39.7%)、3位「オートバイ」(26.7%)。妻に対していくらまでであれば夫の趣味に投資できるかを調査した結果は、「7000~1万円」(20.7%)が1位となった。

好感度が高く、家族からも理解してもらえる趣味を調査した結果では、「健康的」(70.7%)、「一緒に楽しめる」(53.3%)、「子どもも楽しめる」(49.3%)がトップ3にランクイン。健康的で家族と一緒に楽しめる趣味が望まれているようだ。

母親を対象にスポーツで自転車に乗っている男性をどう思うかを尋ねたところ、75.0%が「健康的」と回答。さらに「さやわか」(52.3%)、「かっこいい」(25.7%)と好印象の回答が続いた。最後に、父親を対象に「今後健康のために、スポーツ自転車に挑戦してみたいと思うか」を質問。その結果、50.4%の男性が「思う」と回答した。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top