DeNA、ヤクルトとの接戦を制す…筒香が早くも今季第5号 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

DeNA、ヤクルトとの接戦を制す…筒香が早くも今季第5号

スポーツ 短信

野球 イメージ
  • 野球 イメージ
DeNAは4月10日、横浜スタジアムでヤクルトと対戦。6点をリードしながらもヤクルトに1点差まで詰め寄られたが、そのまま逃げ切り6-5で接戦をものにした。

DeNAは初回、筒香嘉智外野手が早くも今季第5号となる2点本塁打を放って幸先よく先制。4回裏にも井手正太郎外野手の犠飛などで3点を追加し、大量6点をリードする。しかし、ヤクルトも反撃。川端慎吾内野手の適時打などで追い上げると、9回には谷内亮太内野手の3点本塁打で1点差としたが、あと1点及ばなかった。

これに対して、「筒香のバッティングが覚醒した感があるね。素晴らしい!」「DeNAはこういう試合をしてほしい。やっぱり先制することが大事だな」「1点差あれば、ヤスアキがいるから、とにかくリードして9回を迎えたい」「徐々に上を目指していこう。まだ、はじまったばかり」など、ファンからはさまざまな声が寄せられていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top