中日、DeNAとの接戦を制す…若松が7回無失点&犠飛の活躍 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

中日、DeNAとの接戦を制す…若松が7回無失点&犠飛の活躍

スポーツ 短信

野球 イメージ
  • 野球 イメージ
中日は4月5日、ナゴヤドームでDeNAと対戦。中日・先発の若松駿太投手が7回を無失点に抑える好投で1-0で勝利した。

中日は0-0で迎えた3回裏、無死三塁の好機に若松が犠飛を放って幸先よく先制。その後も再三にわたってピンチを招くが要所を締め、7回を投げて無失点の完璧な投球。打っては自ら放った犠飛が決勝点となるなど、投打にわたって活躍した。

これに対して、「若様 & 杉様バッテリーありがとー! そして影のヒーローは3塁ランナーホーム突入を刺した直倫選手!」「若松よく頑張った!0に抑えたから上出来だよ!塁が埋まった時はヒヤヒヤしたけど」「」若松さん、ベイスターズに勝って、良かった」など、若松の投球を称賛する声が多く寄せられていた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top