DeNA・山崎康晃、抑え投手の悩みは「奥歯がよく欠けてしまう」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

DeNA・山崎康晃、抑え投手の悩みは「奥歯がよく欠けてしまう」

スポーツ 選手

山崎康晃(横浜DeNAベイスターズ)のツイッターより
  • 山崎康晃(横浜DeNAベイスターズ)のツイッターより
  • 横浜DeNAベイスターズの山崎康晃投手
横浜DeNAベイスターズの山崎康晃投手が4月4日、ツイッターを更新。歯医者に通うことが大好きという山崎が、好きだけではなく他の通院理由を明かしている。

山崎は以前、歯医者に通うことについて、「なんかすっごく落ち着く…(^^)何故か休みの日毎回歯医者来てます笑」と書いていた。歯医者は居心地の良い場所だそうだ。

この日は5日から始まる中日との2連戦のため、山崎は名古屋へ移動中。チームは休日だが、「歯医者ではありません」と山崎。

「抑えになってから、よく歯を食いしばるようになり、奥歯がよく欠けてしまうので、インプラントにしたり、メンテナンスしたりしてますよ」と続ける。もうひとつの歯医者へ通う理由は、歯のメンテナンスのためと明かした。

ファンからは、「奥歯にそんなに力が入るんですね」「抑えのお仕事って本当に大変なお仕事なんですね!」「精神的にも体力的にも大変なお仕事だと改めて思いました!」「マウスピース使ってみたら?」「マウスピースは歯の保護になるそうですし、力も出やすくなるとか」などのコメントが寄せられている。


《桜川あさひ》

編集部おすすめの記事

page top