原口元気のヘルタ、大敗…ボルシア・メンヘングラードバッハに0-5 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

原口元気のヘルタ、大敗…ボルシア・メンヘングラードバッハに0-5

スポーツ 短信

原口元気 参考画像(左/2016年4月3日)
  • 原口元気 参考画像(左/2016年4月3日)
  • 原口元気 参考画像(2016年4月3日)
日本代表FW原口元気の所属するヘルタは4月3日、ドイツ・ブンデスリーガ第28節でボルシア・メンヘングラードバッハと対戦し0-5で完敗した。原口は先発して後半36分までプレーしている。

ヘルタは前半14分、GKからのパスをカットされると、そのまま1対1に持ち込まれトルガン・アザールに先制ゴールを許す。前半はなんとかこの1点だけで防いだヘルタだが、後半に守備が崩壊する。

エリア内でパスがつながったところから最後はアンドレ・ハーンに決められ2失点目。同31分にはアザールのシュートをGKが弾いたところへ、パトリック・ヘアマンに詰められ試合を決定づける3失点。

4分後にはアザールのシュートがDFに当たり、コースが変わってそのままゴールネットを揺らす。同40分にはスルーパスで抜け出したイブラヒマ・トラオレにも決められてしまった。

この結果により3位のヘルタは4位のボルシアMG、5位のバイヤー・レバークーゼンに勝ち点3差まで詰め寄られた。来季UEFAチャンピオンズリーグ出場権争いは、ヘルタから7位のシャルケまで勝ち点4差の中にひしめく混戦。

残り試合もヘルタは今の順位をキープできるか。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top