香川真司、名将ファーガソンを語る「あんなに怒鳴る監督は初めて」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

香川真司、名将ファーガソンを語る「あんなに怒鳴る監督は初めて」

スポーツ 選手
香川真司 (c) Getty Images
  • 香川真司 (c) Getty Images
  • アレックス・ファーガソン参考画像(2015年3月22日)
2012年から2シーズン、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドでプレーした、日本代表MF香川真司。移籍1年目にチームを率いていたアレックス・ファーガソン監督について、「あそこまで怒鳴る人は初めて」と当時の印象を語っている。

インタビューを受けた香川は、「噂ではマンチェスターに行く前から聞いていましたけど、あそこまで怒鳴る監督には初めて出会った。特に中心選手にきつく言っていた」と、マンチェスターで過ごした最初の年を振り返る。

「僕はまだ1年目で大目に見てもらって、怒鳴られることはあまりなかったですけど、ルーニーだったりギグスやスコールズ、リオが何も言えないようなオーラや原動力で、彼は選手たちをまとめ上げる力があった」

常勝軍団マンチェスターUで27年間もの長期政権を築き、数々のタイトルを手にした名将ファーガソン監督。そのキャリア最後の1年を、香川はマンチェスターでともに過ごした。

「サッカー界で一番タイトルを獲って、誰よりもレジェンドである監督の最後の年に、一緒にできたというのは自分にとって今後のサッカー人生で素晴らしい経験になったと思う」
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top