錦織圭、フルセットの逆転勝利…マイアミ・オープン2年ぶりベスト4 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

錦織圭、フルセットの逆転勝利…マイアミ・オープン2年ぶりベスト4

スポーツ 短信

錦織圭 参考画像
  • 錦織圭 参考画像
  • 錦織圭 参考画像(2016年3月29日)
テニスのマイアミ・オープンは3月31日、男子シングルス準々決勝が行われた。第6シードの錦織圭は、第16シードのガエル・モンフィスと対戦。錦織は5度のマッチポイントをはね返して4-6、6-3、7-6でベスト4進出を決めた。

第1セット第1ゲームでブレークを奪われた錦織。第4ゲームでブレークバックに成功するが、直後の第5ゲームで再びブレークされ先にセットを落とす。それでも第2セットは気を取り直し、第4ゲームでブレークに成功するとそのまま押し切ってセットを奪い返した。

勝負の第3セットでも先にブレークした錦織。だが第8ゲームでブレークバックされ追いつかれると、ゲームカウント4-5で迎えた第10ゲームで錦織は0-40まで追い詰められる。モンフィスにマッチポイントを握られたが、このゲームを連続ポイントでキープして勝負はタイブレークへ。タイブレークでは錦織が強さを見せてモンフィスを下した。

マイアミ・オープン2年ぶりのベスト4へ勝ち進んだ錦織。準決勝ではミロシュ・ラオニッチを6-4、7-6のストレートで下した、ニック・キリオスと対戦する。

On to the next battle! #Miamiopen #Tagheuer #Wilson #Uniqlo #IMGfamily

Kei Nishikoriさん(@keinishikori)が投稿した写真 -

《岩藤健》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫メドベージェワの黒縁メガネ姿が可愛い!以前は『ユーリ!!! on ICE』のコスプレも

≫羽生結弦のモノマネ芸人、小塚崇彦&中家佐奈に怒られる?

編集部おすすめの記事

page top