西武、打者一巡の猛攻で5点差を逆転…牧田が好リリーフ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

西武、打者一巡の猛攻で5点差を逆転…牧田が好リリーフ

スポーツ 短信

野球 イメージ
  • 野球 イメージ
西武は3月26日、西武プリンスドームでオリックスと対戦。5点差をひっくり返し、9-5で開幕2連勝を飾った。

初回、西武・先発の十亀剣投手がオリックス打線につかまり5失点。しかし、西武は4回裏、打者一巡の猛攻を見せて一挙に同点とすると、続く5回には中村剛也内野手の適時打などで勝ち越しに成功した。投げては、十亀の後を継いだ牧田和久投手が見事なロングリリーフ。6回を投げてオリックス打線を無失点に抑えた。

これを受けて、「1回に5点とられた時は、今日は負けと思った。サヨナラ勝ちの勢いが残ってたな」「なんといっても牧田が今日のヒーローでしょ」「5点ビハインドからの逆転勝ち!3連勝して福岡へ行きましょう」「3タテに期待!」など、逆転勝利を喜ぶ西武ファンの声が寄せられていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top