西武・菊池雄星、オープン戦最終登板は6回無失点 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

西武・菊池雄星、オープン戦最終登板は6回無失点

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
3月17日に行われたプロ野球オープン戦、西武は広島と対戦し5-3で勝利した。西武の菊池雄星は先発で6回を投げ4安打無失点、開幕前最後の登板で地力を見せた。

菊池はヒットとエラー、四球で初回から一死満塁のピンチを招くがブラッド・エルドレッド、新井貴浩を連続三振に切って取り脱する。四回に先頭の新井がヒットで出塁したところから、四球とエラーが重なり今度は無死満塁のピンチを迎えた。しかし、ここも三振と併殺打で得点は許さなかった。

西武は初回に無死満塁から中村剛也の3点適時二塁打で先制、中盤にも追加点を奪い勝利した。

開幕投手が内定している菊池の好投に西武ファンからは、「いいね。雄星最高!」「6回無失点お見事! 今シーズンは二桁勝利頼むよ!」「雄星は開幕に向けてピークを合わせてほしい」など喜びの声が聞かれる。

一方でエラーが多かった野手陣には、「黄金時代なら即日二軍行きだよ」「勝った気がしませんでした。エラー3つはちょっと…」「エラーが多い!」とファンも不満だ。

レギュラーシーズンではミスによる自滅が命取りにもなりかねない。今後は一つひとつプレーの精度を上げていくことが求められる。

3/17(木)vs.C 5-3で勝利先発・菊池が6回無失点と好投し、開幕に向け視界良好!打っては中村が満塁で走者一掃の先制打を放ち、キーマンたちが活躍を見せた!http://www.seibulions.jp/gamelive/result/2016031701/#seibulions #npb

埼玉西武ライオンズさんの投稿 2016年3月17日
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top