西武、メヒアの一発など打線爆発でオリックスに大勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

西武、メヒアの一発など打線爆発でオリックスに大勝

スポーツ 短信

野球 イメージ
  • 野球 イメージ
西武は3月12日、オリックスとオープン戦で対戦。西武の中軸が機能し、オリックスに12-1と大勝した。

西武は2回裏、走者を置いた場面で主砲の中村剛也内野手が適時打。続くメヒア内野手が、左翼スタンドに滞空時間の長い豪快な3点本塁打を放って突き放した。西武は打撃陣が総じて好調を維持。田辺徳雄監督も「好調なバッターが多い。いい仕上がり」とコメントしていた。

これに対して、「西武は打線がいいから、あとは投手陣。雄星とか岸とかには昨年以上に頑張ってもらわないと」「中村、メヒアの並びは相手にとっては脅威だよな」「おかわり君の一発をどんどん見たい。今年も頼みます」など、ファンからはさまざまな声が寄せられていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top