西武・十亀剣、粘りの投球で6回1/3を5安打1失点 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

西武・十亀剣、粘りの投球で6回1/3を5安打1失点

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
西武は3月20日、西武プリンスドームでのオープン戦でDeNAと対戦。西武・先発の十亀剣投手が粘りの投球を見せてアピールした。

十亀は初回、2者連続三振を奪うなど快調な立ち上がり。対するDeNAの先発・井納投手も西武打線につけ入る隙を与えず、投手戦となった。十亀は度々走者を背負うも、要所で粘りを見せて6回1/3を5安打1失点と、最少失点で切り抜けて先発の役割を果たした。

これに対して、「十亀は良かったけど打線が打てないな。3安打って…貧打をなんとかしてくれ」「野手の台頭は目立つけど、投手の台頭は今のところ聞かないな。リリーフ陣で柱が何本か出てきてほしいんだよね」「今日は打てなかったけど、打線は強力だし、ソフトバンクに対抗できるのは西武と日本ハムくらいでしょ」など、ファンからはさまざまな声が寄せられていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top