協和発酵キリン、東京都スポーツ推進モデル企業に選定 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

協和発酵キリン、東京都スポーツ推進モデル企業に選定

新着 ビジネス

協和発酵キリンが「東京都スポーツ推進モデル企業」に選定
  • 協和発酵キリンが「東京都スポーツ推進モデル企業」に選定
  • 協和発酵キリンが「東京都スポーツ推進モデル企業」に選定
  • 協和発酵キリンが「東京都スポーツ推進モデル企業」に選定
協和発酵キリンは、東京都スポーツ推進企業認定制度に基づき「東京都スポーツ推進モデル企業」に選定された。

東京都スポーツ推進企業認定制度は、スポーツ活動を推進する取組やスポーツ分野で社会貢献活動を実施している企業などを、東京都スポーツ推進企業に認定する制度。同社は卓球を通じた障がい者との交流、東日本大震災復興支援、社員に向けた健康増進活動などが評価につながった。

選定理由にもなった卓球部は、日本卓球リーグ実業団連盟男子1部に所属。20年以上前から東京都障害者スポーツセンターで卓球教室を開催している。また、他社の卓球部選手や車いす卓球のトップ選手と「ふれあいパーク」を20年間開催。2015年12月からは日本卓球リーグ実業団連盟主催の主要な公式戦終了後に特別支援学校を訪問し、生徒と卓球を楽しむ活動を行っている。

キリングループの東日本大震災復興支援活動「復興応援キリン絆プロジェクト」にも参加。岩手県・宮城県・福島県の被災3県を中心に、卓球イベントの開催や卓球台の寄贈などの支援を2011年~2014年まで行った。

社員への取り組みでは、運動習慣をつけ、健康診断での有所見者数(健康診断結果で異常の所見のある者)を減らすことを目的とした自立体力検定を実施。近隣住民を招いたテニススクールやノルディックウォーキング体験会も行った。

協和発酵キリンは今後もスポーツ推進に尽力し、スポーツを通じていきいきと暮らせるまちづくりに貢献する活動を行っていく。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top