カブス・川崎宗則が2安打、打撃好調で開幕にアピール | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

カブス・川崎宗則が2安打、打撃好調で開幕にアピール

スポーツ 短信

川崎宗則 参考画像(2016年3月13日)
  • 川崎宗則 参考画像(2016年3月13日)
  • 川崎宗則 参考画像(2016年2月29日)
シカゴ・カブスは3月15日、サンディエゴ・パドレスとのオープン戦を行い、11-1で大勝した。川崎宗則内野手は9番・遊撃手で先発し4打数2安打だった。

初回の第1打席はカウント2-2からカーブを空振りして三振に倒れた川崎。だが三回の第2打席ではストレートをとらえ、ライト前へのヒットを放った。川崎は五回にも二死ランナーなしから二塁打を打っている。

試合は初回に5点を先制したカブスが、ジェイソン・ヘイワード外野手の走者一掃3点適時二塁打などもあり、パドレス投手陣を打ち崩した。

この結果によりオープン戦の打率を.389とした川崎。ファンからは開幕ロースター入りを期待する、「今の調子なら開幕ロースター入りできる。今年はプレーでの活躍が見たい」「川崎がプレー内容で注目されるのはうれしい。他選手との兼ね合いもあるがロースター入りしてほしい」「ムネリン旋風おこしてほしーね!」「メジャーいけるんじゃないか?」などの声が寄せられている。

すでに明るいキャラクターと物怖じしない度胸でチームの輪に溶け込んでいる川崎。バットでも存在をアピールしていけるか。

Jason Heyward doubled twice and drove in three runs today. #LetsGo

Chicago Cubsさんの投稿 2016年3月15日
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top