西武、早稲田大学と「野球観戦が高齢者の健康に与える効果」に関する共同研究を開始 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

西武、早稲田大学と「野球観戦が高齢者の健康に与える効果」に関する共同研究を開始

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
西武は2016年3月から、早稲田大学と「野球観戦が高齢者の健康に与える効果」に関する共同研究を開始する。

高齢者の不活発な生活は、将来の要介護リスクを高めることが指摘されている。一方、球場での野球観戦や野球観戦を通じたコミュニケーションの活性化は、健康に何らかの好ましい影響を与え、QOL(Quality of Life)を向上し得る可能性が予期されているという。

研究のモニター(被験者)は、西武が2015年に「連携協力に関する基本協定」を締結した近隣の5自治体(所沢市・飯能市・狭山市・入間市・日高市)の協力により募集。約70名の高齢者の参加を予定。西武は2016年シーズンの一定期間で使用できる観戦券を提供する。

これに対して、「母をどんどん球場に連れていこう」「震災後、ライオンズの応援をするようになりましたが、心筋梗塞、胃癌を乗り越え、選手全員が孫と言いつつ毎試合楽しみにしています。背番号、名前、ルール結構頑張って覚えてるようで、脳トレにもなっています」「春先・秋口の極寒と、梅雨から夏場にかけての蒸し風呂状態。あのドームに高齢者を連れていっていいものかどうか」など、ファンからの声が寄せられていた。

“野球女子”の次は“野球シニア”?早稲田大学と株式会社西武ライオンズは、2016年3月より「野球観戦が高齢者の健康に与える効果」に関する共同研究を開始いたします。http://www.seibulions.jp/news/detail/11227.html

埼玉西武ライオンズさんの投稿 2016年3月13日
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top