ズラタン・イブラヒモビッチ、来季も現役続行に意欲「年齢は単なる数字だ」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ズラタン・イブラヒモビッチ、来季も現役続行に意欲「年齢は単なる数字だ」

スポーツ 選手

ズラタン・イブラヒモビッチ 参考画像(2016年3月8日)
  • ズラタン・イブラヒモビッチ 参考画像(2016年3月8日)
  • ズラタン・イブラヒモビッチ 参考画像(2015年7月21日)
パリ・サンジェルマン(フランス)のFWズラタン・イブラヒモビッチが、チェルシー(イングランド)とのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグを前に、来季も現役続行の意思があることを明かした。

現在34歳のイブラヒモビッチは、今季でパリ・サンジェルマンとの契約が満了を迎える。このまま現役を終える可能性も言われていたが、「自分のキャリアが終わるとは思ってない。年齢は単なる数字だ。問題は自分がどう感じるか。僕はまだ若いと感じているよ」と引退の考えはないと話している。

これまでバルセロナやACミランなど、欧州のビッグクラブを渡り歩き、行く先々で結果を残してきたイブラヒモビッチ。しかし、キャリアの中でCLを制したことはない。若いころは渇望したというCLのタイトルだが、今は年齢を重ねた分だけ心境に変化があった。

「若いころはCLの優勝にこだわりすぎていたが、その後成長することができて自分自身が分かり始めてきた。己を理解するのは難しいことだ。優勝できてもできなくても、選手としての自分が変わることはない。優勝できたとしても今より良い選手になるわけじゃないし、優勝できなくても悪くはならない。自分は自分のまま。もちろん優勝できれば、とても幸せなことだけどね」
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top