ソフトバンク・東浜がオープン戦で好投、工藤監督を悩ます? | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ソフトバンク・東浜がオープン戦で好投、工藤監督を悩ます?

スポーツ 短信

野球 イメージ
  • 野球 イメージ
ソフトバンクは3月8日、巨人とオープン戦で対戦。ソフトバンクは先発の東浜巨投手が巨人打線を4回無失点に抑える好投を見せ、1-0で勝利した。東浜は監督に猛アピールだ。

すでに開幕ローテーションのメンバー構想を固めているという工藤公康監督。先発した東浜は構想からは外れているが、この日の好投が工藤監督を悩ます要因となった。ソフトバンクは攝津正投手、武田翔太投手、バンデンハーク投手らのほか、メジャーから復帰した和田毅投手など先発の層が厚い。

これに対してファンからは、「ぜいたくな悩みだよな。1~2人の先発投手を他球団に分けてあげてほしいくらい」「スタンリッジが抜けても和田が戻ってきたもんな。あと、未知数だけど松坂もいるわけだし、豪華すぎるよ」「東浜も良かったけど、岩崎も良かった。工藤監督も嬉しい悩みだよな」などさまざまな声が寄せられていた。

ここまで先発陣が順調な仕上がりを見せるソフトバンク。日本一三連覇に向けて視界は良好だ。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top