アーセナルのベンゲル監督、コクランの退場は「大きなミス」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アーセナルのベンゲル監督、コクランの退場は「大きなミス」

スポーツ 短信

トッテナム・ホットスパー対アーセナル(2016年3月5日)
  • トッテナム・ホットスパー対アーセナル(2016年3月5日)
  • トッテナム・ホットスパー対アーセナル(2016年3月5日)
3月5日に行われたイングランド・プレミアリーグ第29節、トッテナム・ホットスパー対アーセナルの試合は2-2の引き分けに終わった。

試合はアーセナルがアーロン・ラムジーのゴールで前半39分に先制するが、後半10分にフランシス・コクランが2枚目のイエローカードで退場すると、数的優位に立ったトッテナムが立て続けのゴールで逆転に成功する。

アウェーでリードを許したアーセナルだが同31分、ヘクター・ベレリンからのパスを受けたアレクシス・サンチェスが、相手DFに囲まれながら起死回生の同点ゴールを決め追いついた。

このまま試合は勝ち点1を分け合って終了した。伝統のノース・ロンドン・ダービーというだけでなく、首位のレスターを追いかけるチーム同士の一戦だったが、結果としてレスターを利することになってしまった。

試合後の会見でアーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、退場につながったコクランのプレーを「彼は大きなミスを犯した」と振り返った。

「私がいろいろ言わねばならないようなら、彼は問題を軽視しているということだ。だが彼は大きな失敗を犯したとよく分かっている。ハーフタイムにも分かっていたし、彼に注意もしていた。うまくやろうとしていたが、タックルのタイミングがズレて退場処分になってしまった。不満を言っても仕方ないことだ」
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top