春のセンバツ“偏差値70を超える秀才軍団”長田 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

春のセンバツ“偏差値70を超える秀才軍団”長田

スポーツ 短信

甲子園球場
  • 甲子園球場
兵庫県大会ベスト8は伊達ではない。プロ野球選手を多数輩出する強豪神港学園に昨秋の兵庫県大会準々決勝で敗れるも、2-3の好ゲームを演じた長田(神港学園は兵庫県大会3位の成績を収め近畿大会に出場)。

他の試合に関しても、相手を圧倒したわけではないが、接戦を勝ち抜き51年ぶりとなる兵庫県大会ベスト8進出。このたび21世紀枠での選抜出場が決まった。

◆偏差値70を超える秀才軍団

兵庫県屈指の進学校である。定時制・通信制との併設による「グラウンドの使用制限」というハンディもあるが、そこは秀才軍団の頭脳が冴える。短い時間であるが、効率の良い練習方法で着実に実力をつけてきた。

チームの中心は四番でエースを務める園田涼輔。兵庫県大会では1人で4試合を投げ抜いた頼れる存在だ。国公立大学を目指す秀才は、最速140kmを記録するストレートが最大の武器。全国の舞台で堂々としたピッチングに期待したい。

◆憧れの地で嬉しい初勝利なるか

創部以来、春・夏通じて初となる甲子園出場となる長田。地元ならではの大声援を味方につけ、目指すは甲子園初勝利だ。
記事提供:Timely! WEB
page top