競泳・宮坂倖乃「成長している感じが楽しい」…日本水泳界の未来を担う女子スイマーに聞く | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

競泳・宮坂倖乃「成長している感じが楽しい」…日本水泳界の未来を担う女子スイマーに聞く

オピニオン ボイス

競泳・宮坂倖乃「成長している感じが楽しい」…日本水泳界の未来を担う女子スイマーに聞く
  • 競泳・宮坂倖乃「成長している感じが楽しい」…日本水泳界の未来を担う女子スイマーに聞く
  • 競泳・宮坂倖乃「成長している感じが楽しい」…日本水泳界の未来を担う女子スイマーに聞く
  • コナミオープン女子100m平泳ぎ決勝で泳ぐ宮坂倖乃選手(2016年2月21日)
  • 競泳・宮坂倖乃「成長している感じが楽しい」…日本水泳界の未来を担う女子スイマーに聞く
  • 競泳・宮坂倖乃「成長している感じが楽しい」…日本水泳界の未来を担う女子スイマーに聞く
オリンピックイヤーの2016年、2月に開催された第32回コナミオープン水泳競技大会には日本水泳界の未来を担う星たちが輝いていた。大学生や社会人選手と肩を並べ、水の中で躍動する4人の女子中学生スイマーの「今」を聞いた。

埼玉県のコナミスポーツクラブ北浦和に所属する宮坂倖乃(みやさか ゆきの)選手。2000年4月16日生まれの15歳。

平泳ぎの短距離を得意とし、昨年2月にオーストラリアのニュー・サウス・ウェールズ州選手権50m平泳ぎで日本中学新記録をたたき出した。4月の日本選手権50m平泳ぎでも8歳以上歳上の選手たちを相手に3位タイに食い込み存在感を見せつけた。


宮坂倖乃選手(コナミスポーツクラブ北浦和)

---:水泳を始めたきっかけは何ですか?

宮坂倖乃選手(以下、敬称略):始めたのは3歳の時。(4歳上の)兄が水泳をやっていて、自分もやりたいみたいな。その時からずっとコナミスポーツクラブです。兄は高校に入る時に水泳はやめちゃっています。

---:これまで他に何かスポーツをやったことはありますか?

宮坂:体操を小4ぐらいまでやっていました。

---:平泳ぎで競技をするようになったのはいつ頃からですか?

宮坂:小1の12月に選手になったのですが、その時からずっと平泳ぎです。平泳ぎが好きだったし、(タイムを)見返してみたら選手になる前から平泳ぎだけちょっと速くて、その頃から得意だったのかなって。

---:自分の水泳で強いところ、弱いところを教えてください。

宮坂:自分はスピードがけっこう出るほうなので、前半からしっかりいけるのはいいところだと思います。でもレースのペース配分とかあまり考えて泳いでいないので、後半までもたなかったりするところは、まだ足りないところだと思います。

---:何メートルのレースが一番好きですか?

宮坂:昔は200mが得意だったんですけど、去年からは50mと100mが得意です。

---:これまで水泳をしてきて印象に残っていることを教えてください。

宮坂:最近だと去年のナショナル合宿。ずっと練習で弱かったんですけど、先頭を泳いでけっこう引っ張って行けるぐらいのタイムで泳げたことは、成長してきた理由だと思う。大きなことだったと思います。

---:ライバルとして意識する選手はいますか?

宮坂:今井月さん(岐阜・本巣スイミングスクール、宮坂選手と同学年の15歳)です。小学校の頃から一緒に泳いで、何回も隣で泳いだことがあるんです。最近は練習も一緒にしていてライバルですね。

---:世界の舞台を意識したのはいつ頃ですか?

宮坂:小さい頃からオリンピックはずっと出場したいと思っていましたが、ちゃんと意識したのは中2の日本選手権。ジュニアパンパシフィック大会が(日本選手権後の8月に)あってその代表には入れなかったんですけど、今井さんとか(日本代表として)世界で戦っていて、意識し始めました。

---:どれくらい練習していますか?また、学業との両立はどうですか?

宮坂:火曜日はお休みで、それ以外は毎日です。18時~21時まで練習して、土日は2回練習です。学校に行ってから練習に行くのは、小さい頃からの習慣なのであまりキツいとか思わないんですけど、学校の勉強とかする時間は少しずつ減ってきているので自分で時間を見つけて、時間のある時はしっかりできるようにしています。


コナミオープン女子100m平泳ぎ決勝で泳ぐ宮坂選手

---:好きな食べ物や、芸能人がいたら教えてください。

宮坂:食べ物はオムライス。芸能人はキスマイ(Kis-My-Ft2)が好きです。

---:緊張をほぐすためにスタート前にすることはありますか?

宮坂:あまりないです。緊張はしないほうだったんですけど、最近はすごい緊張します。

---:世界の舞台で泳ぐことについてどう考えていますか?

宮坂:最近、海外の試合にいくつか出させてもらって、やっぱりみんな世界の選手は速い。その中でも日本の選手は沢山活躍されている方もいるので、自分もそういう日本代表としてしっかりと活躍できる選手になりたいです。

---:2020年は東京オリンピック、2021年には福岡で世界水泳など、これから日本で大きな大会が開催されますね。

宮坂:自分の国で戦うということは、自分の周りで応援していく人も自分が出ることになったら見に来てくれると思う。(出場できた時は)そういう人を楽しませられるようなレースがしたいです。

---:家族など応援してくれる人へメッセージをお願いします。

宮坂:家族とか自分が頑張っているのをずっと見てくれているので、いい結果を残して、喜んでもらえたらいいなと思います。

---:宮坂選手にとって、水泳の魅力とは何ですか?

宮坂:自分が頑張ったぶん試合でも自信になるし、結果が良くても悪くても、色んな面で自分のことを分析できたりするので、そういうところが成長している感じがあって楽しいです。

※ ※ ※

●日本水泳界の未来を担う中学生スイマーに聞く
・宮坂倖乃(平泳ぎ コナミスポーツクラブ北浦和)
泉原凪沙(背泳ぎ コナミスポーツクラブ天王町)
今井 月(平泳ぎ 本巣スイミングスクール)
池江璃花子(自由形、バタフライ ルネサンス亀戸)
《五味渕秀行》

編集部おすすめの記事

page top