練習には「ムダも必要」…野村弘樹フェアプレー考 #4 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

練習には「ムダも必要」…野村弘樹フェアプレー考 #4

スポーツ 選手

國學院大學久我山中学高等学校(高校2年生)の生徒たちと元プロ野球選手・野村弘樹氏で行われた「フェアプレイスクール」(2月24日)
  • 國學院大學久我山中学高等学校(高校2年生)の生徒たちと元プロ野球選手・野村弘樹氏で行われた「フェアプレイスクール」(2月24日)
  • 國學院大學久我山中学高等学校(高校2年生)の生徒たちと元プロ野球選手・野村弘樹氏で行われた「フェアプレイスクール」(2月24日)
  • 國學院大學久我山中学高等学校(高校2年生)の生徒たちと元プロ野球選手・野村弘樹氏で行われた「フェアプレイスクール」(2月24日)
  • 國學院大學久我山中学高等学校(高校2年生)の生徒たちと元プロ野球選手・野村弘樹氏で行われた「フェアプレイスクール」(2月24日)
  • 國學院大學久我山中学高等学校(高校2年生)の生徒たちと元プロ野球選手・野村弘樹氏で行われた「フェアプレイスクール」(2月24日)
  • 國學院大學久我山中学高等学校(高校2年生)の生徒たちと元プロ野球選手・野村弘樹氏で行われた「フェアプレイスクール」(2月24日)
  • 國學院大學久我山中学高等学校(高校2年生)の生徒たちと元プロ野球選手・野村弘樹氏で行われた「フェアプレイスクール」(2月24日)
  • 「フェアプレイスクール」が行われた國學院大學久我山中学高等学校(東京都杉並区久我山)
プロ野球で活躍した元横浜ベイスターズの野村弘樹氏が、東京・国学院久我山高校に講師として登壇。PL学園時代の先輩、桑田真澄氏のポリシーと、自身の"重なる想い"を生徒たちに伝えた。

同校サッカー部に所属する生徒が「大一番で、自分の力で最大限の力を発揮するには?」という質問に対し、野村氏は「やっぱり練習量」と即答した。

「とにかく練習量では負けない。『オレはこれだけの練習を積んできたんだ』って思えば、ピンチや大一番のときに強い心でいられる。ピッチャーはどうしても投げたあとの"結果"を考える。ボールって投げてみないと結果が出ないから、投げる前から結果を恐れちゃうもの。その恐れをはねのけるのが練習量だった。土壇場で投げても、動揺することはなかった。それは自分の練習量に裏付けされてた」

"練習量"というアドバイスに対し、野球部の生徒は「桑田さんは『量より質』って言っていた」と返すと、野村氏はこう付け加えた。

「桑田さんはもともと練習量をうんと積んでいた。ものすごい練習量をこなしてきて、質ではなく量でカバーするようになった。効率よく練習することも大事だけど、僕の考え方としては"ムダ"も必要だと思う。ピッチャーは孤独。ひとりで走ったり、ムダだと思うこともどんどんやって、精神力が強くしたところもある」

「野球投手の肩は消耗品。だから守ることもわかる。でも毎日守るわけにはいかない。投げ続ける必要はないけど、投げる、休む、回復させるというメリハリをつけて、効率とムダをバランスよく。それがケガ防止にもつながる」
《大野雅人》

編集部おすすめの記事

page top