ガンバ大阪が敵地でドロー…ACL初戦は勝ち点1獲得 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ガンバ大阪が敵地でドロー…ACL初戦は勝ち点1獲得

スポーツ 短信

AFCチャンピオンズリーグ、ガンバ大阪対水原三星(2016年2月24日)
  • AFCチャンピオンズリーグ、ガンバ大阪対水原三星(2016年2月24日)
  • AFCチャンピオンズリーグ、ガンバ大阪対水原三星(2016年2月24日)
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)第1節が2月24日に行われた。ガンバ大阪は韓国の水原三星と対戦し0-0で引き分けた。敵地で劣勢に立たされたガンバ大阪だが、最後まで守り切り勝ち点1を獲得している。

水原三星の速く激しいプレスに序盤から苦しんだガンバ大阪。中盤でボールを奪われる場面が多く、守備陣が再三のピンチを何とかしのぐ展開が続いた。前半18分にはパトリックが抜け出しシュートを放つが、ボールはポストに嫌われゴールならず。

後半9分にはパトリックからのボールで宇佐美貴史がGKと1対1の決定機を迎える。だが流し込むだけのシュートもミートせず、ボールは枠外へと外れた。以降は前半同様に自陣で守る時間帯が続いたガンバ大阪。失点こそ防いだものの、攻撃では打つ手なしのまま試合終了を迎えた。

それでも敵地で勝ち点を獲得したことにファンからも、「氷点下のアウェーで勝ち点1獲得なら悪くない」「アウェーで勝ち点獲得でひとまず安心」「「水原相手のアウェーで引き分けなら上出来」「宇佐美のシュートは残念だが敵地で負けないことは大事。次はホームで勝とう」「アウェーな上に責められまくってたから大健闘だと思う」と労いの言葉が寄せられた。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top