侍ジャパン、ソフトバンク・森唯斗を追加招集 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

侍ジャパン、ソフトバンク・森唯斗を追加招集

スポーツ 選手

侍ジャパンの小久保裕紀監督 参考画像(2015年11月21日)
  • 侍ジャパンの小久保裕紀監督 参考画像(2015年11月21日)
3月5日・6日に台湾代表と強化試合を行う侍ジャパンは2月23日、ソフトバンクの森唯斗投手を追加招集すると発表した。森はプロ3年目で初の侍ジャパン入り。

2013年にドラフト2位で入団した森は2年続けて50試合以上に登板し、昨季防御率2.69、5勝2敗16ホールドでチームの日本一連覇に貢献。小久保裕紀代表監督からは、思い切りのいい投げっぷりを評価されていた。

中継ぎ投手の不在は、昨年のプレミア12で露呈した日本代表のウィークポイントでもある。森の追加招集に野球ファンからは、「去年のプレミア12で、森みたいな中継ぎ専門の投手も入れるべきだった」「侍追加招集に戸根とか森唯斗とか、中継ぎの重要性を感じてるな」「常連組が国際大会時に好調か分からないし、中継ぎの代表経験者は多いほうがいい」など、今後に生きる経験との声が寄せられている。

常設チームとしてシーズンオフに強化試合を行うようになった野球日本代表。だが開幕を間近に控えた時期の招集には難しいものがあり、最近も大瀬良大地投手(広島)、梶谷隆幸外野手(DeNA)が故障により代表を辞退、丸佳浩外野手(広島)と戸根千明投手(巨人)が追加招集されていた。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top