リコー「RICOH WG-M2」…4K撮影できるアクションカメラ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

リコー「RICOH WG-M2」…4K撮影できるアクションカメラ

新着 製品/用品

リコー「RICOH WG-M2」…4K撮影できるアクションカメラ
  • リコー「RICOH WG-M2」…4K撮影できるアクションカメラ
  • リコー「RICOH WG-M2」…4K撮影できるアクションカメラ
リコーイメージングは、高画質な4K動画で撮影できるアクションカメラ「WG-M2」を3月18日に発売する。

防水アクションカメラ「WG-M1」の上位機種としてWG-M2は開発された。小型・軽量ボディに、防水・耐衝撃性能を搭載。超広角で臨場感あふれる映像を撮影できる。

アウトドア環境下でも安心して使用できる気密性の高いボディ構造を採用。付属の水中レンズプロテクターを装着すると、水深20mで連続2時間の水中撮影ができる。防水性能はIPX8だ。

2mからの耐落下衝撃性能、ホコリに強いIP6X相当の防塵性能、マイナス10度でも動作が可能な耐寒構造で専用のハウジングケースなしで撮影を楽しめる。

リコーイメージングのデジタルカメラ初の4K動画撮影に対応。約100Mbps高ビットレートで記録できる。遠近感を強調して迫力のある映像を可能にした最大約204度のワイド、日常的な撮影で使いやすい約151度のナローの2種類から画角を選択でき、ナロー設定時には動画撮影時専用の電子式手ぶれ軽減機能を利用できる。

フルHD動画設定では、60fpsと高フレームレートで動きの速い被写体をなめらかな映像で撮影可能。タイムラプス動画、エンドレス録画、ハイスピード動画にも対応している。カメラ本体には、映像・音声出力用のHDMIマイクロ端子(Type D)を搭載。

新機能には、動画ボタンを押すとカメラ本体が振動して動画撮影の開始・終了を知らせるバイブレーション機能、カメラを縦位置に装着しても正位置画像として記録できるカメラ姿勢切替機能、カメラ内で動画分割や静止画保存が可能な動画編集機能を採用。

各種アクセサリーと組み合わせれば、様々なスポーツシーン、アウトドアシーンでの撮影の自由度を広げることができる。

カラーはオレンジとシルバーの2色。オープン価格。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top